おすすめのネットバンク

お金を貯める方法

気持ちは強く持っているものの、なかなか貯金額が増えていかないという方はまずATMを利用する頻度を高くするようにしましょう。
もちろん、ATMの利用頻度が高くなった上に一度に引き出す金額が高額になると相変わらずお金は貯まらないので、守るべき事は一度に下ろす金額を少額にしてATMの利用頻度を高めるという事です。

さらに行うと良いのは1週間に1度お金を引き出す曜日を決めておく事であり、水曜日に1万円を下ろすといった向き合い方をしていけば、1週間を1万円のみでやりくりをしようと工夫しますし、思い立った時に下ろす事例とは異なり貯金の残高を把握しやすくなります。

しかも、貯金をする事ができていない方はATMを利用する度に発生する手数料に関してあまり重要視していない側面がありますが、少額な手数料であったとしても回を重ねると大きな額になるので、ATMの利用回数を減らせば手数料も支払う機会が減り尚一層お金が貯まりやすいです。
また、貯金をする事が苦手としている方々には共通点があり、それはお金を使う事に対して取り分けて意味が無いという様子です。
つまり、衝動買いをしてしまう機会が多いという事になるので、お買い物をするためには目に付いた物をすぐに購入するのではなく、目的や購入した後の事について考えてみるようにしましょう。

特に女性に多いのはお金と引き換えに品物を得るという行為自体にストレス解消を感じてしまう事なので、今一度自宅のクローゼットや収納棚などを見渡してみて購入したものの手にしていない物や、着用していない洋服がないかチェックしてみると良いです。
お部屋の中に購入してから手を付けていない物が多くあるのなら、目的を持たずに購入している不用品が多いという裏付けになるので、買い物の仕方を見直すだけで節制せずに自然と貯金額は増えていきます。
そして、目的を持って貯金をするのなら途中段階で使ってしまわないように定期預金に入れていくのも一つのテクニックです。”

おすすめの自動積立定期預金

現在努めている勤務先で、給与天引きの貯蓄方法がない場合は、しっかり貯蓄を行っていく方法として「自動積立定期預金」を利用する方が増えています。
様々な金融機関で行われている自動積立定期貯金の仕組みに大きな違いは無いですが、しっかり貯蓄するためには金融機関を選ぶ際に特徴をきちんと把握しておくことが重要です。そこで3つのおすすめ銀行も紹介します。

イオン銀行は、日常の生活圏にイオンのショッピングセンターがある場合かなり便利となります。イオンカードセレクトを保有していることで、通常の普通預金金利が0.1%となるのでメガバンクの金利が0.001%に対して実に100倍もアップするメリットがあります。ネット系の銀行のため利用を躊躇してしまう方は多いですが、イオンの一部店舗の中には店舗がありますから、窓口で相談することも簡単に行なえます。またスマートフォンやパソコンを利用して貯蓄状況も簡単にチェックすることができます。

ソニー銀行の積み立て定期預金は、1000円単位で預けることが可能で利用しやすいシステムの商品となっています。現在マイナス金利時代となり、長期の利用は金利が高くなるという図式は成り立たちません。そのため積み立てをする場合1年タイプを利用する方が増えています。
ソニー銀行は外貨の種類が多く為替コストも低めです。海外旅行にいく方などは、外貨のまま支払いが可能な「Sony Bank WALLET」が利用できるメリットがあるので、定期的に海外旅行へ行く方は外貨を少額ずつ積み立てることをおすすめします。

楽天銀行を利用する最大のメリットは、1,000円と少額からの積立可能で使いやすいことや、指定月だけ多めに積み立てる増額設定も可能なことです。さらに楽天スーパーポイントが金利の他にも貯まる特徴があるので、定期的に楽天で買い物をしているという方におすすめとなっています。給料やボーナスの振り込み、公共料金などの引き落とし、他行口座への振り込みを行うと1件ごとに最大3ポイントが貯まるシステムです。